2人のからくりすとがこの機構を愛しています
読み込み中...

欠歯歯車による往復回転機構

機構 | Mechanism

欠歯歯車と欠歯内歯車を使った往復回転機構です。

欠歯歯車と欠歯内歯車は連結させて一緒に動くようにします。

この欠歯歯車を原動歯車とすると、従動歯車となる平歯車は往復回転をします。

往復回転機構には様々なものがありますが、この機構の特徴は行きと帰りの回転速度が異なるということです。

欠歯歯車がかみ合う時は遅く、欠歯内歯車がかみ合う時は速く回ります。

回転方向の切り替えの瞬間には負荷が大きくなるので、あまり大きな力を伝達することには向いていません。

また、平歯車から欠歯歯車を回すことはできません。(回転切り替えの位置で回らなくなります)

設計する際は回転切り替え部分の歯の高さや位置に注意してください。

切り替えの部分が狭すぎると干渉が懸念されますが広すぎると平歯車がかみ合わない時間が増えるため動作不良が起きやすくなります。

欠歯歯車による往復回転機構に使われている機構

平歯車

内歯車

欠歯歯車による往復回転機構と近縁の機構

欠歯歯車による往復回転機構から派生する機構