秩序ある無秩序を考える 2 (R01/11/30)

Staff Blog

前回の続きです.

前回は歯車と花を3次元空間にバラバラに配置したところまででした.

今回はそれらを繋げていきましたー!

▲前からの図
▲斜め後ろからの図

なかなかカオスですね.はは

みてわかる(?)ように傘歯車をたくさん使っています.

傘歯車は平面的な軸の傾きなら力を伝達させることができます.

平面的な軸の傾きとというのは、軸が交差する傾きです.交差しない3次元的な傾き(=ねじれの位置)にある場合だと歯もねじらなければいけないのですが、今回は無理にそこは攻めません.

なので、ねじれの位置にある場合の力の伝達はもう1枚の歯車を介することで軸が交差するようにします.

▲2つの軸がねじれの位置にある時は、
▲もう1つ軸(=歯車)を増やすことで軸の交差を図る

とまあ、そんな感じで進めて行った次第です.

次はフレームを作っていきます.

今回は材料はMDFでそそくさと作っていこうかなと思っているので、歯車も一端保持でもいいと思っています.今回は無秩序がテーマなので、あまりフレームが大きくならないようにする次第です.

それとこの作品は手回しでもいいかもしれないですね.サイズが25cm四方くらいには膨らんでしまったので手回しの方が動作安定するし使い勝手がいいかも.

また進んだら書きます!