1人のからくりすとがこの機構を愛しています
読み込み中...

ウォームギア

機構 | Mechanism

ねじ歯車(ウォーム)とそれにかみ合うはすば歯車(ウォームホイール)を組み合わせた機構です。

ウォームの条数が1の時は、ウォーム1回転でウォームホイールの歯が1つ進みます。

高い減速比を得ることができるため、大きな力を必要とする機械によく使われます。

また、ウォームホイールからはウォームを回すことはできません。そのため逆転防止機構として用いられることもあります。

一応、ウォームホイールは薄い平歯車でも代用することができますが、その場合は大きな力を伝えることは避けたほうがいいかと思います。

逆に、より大きな力を伝える場合はウォームホイールの側面を弧状にしてウォームとのかみ合いを増やします(鼓形ウォームホイール)。

ちなみにウォームの条数を増やすと条件次第ではウォームホイールからの動力伝達もできるようになったりします。

ウォームギアに使われている機構

はすば歯車

ねじ歯車

ウォームギアと近縁の機構

ウォームギアから派生する機構